プロフィール

マッキー

Author:マッキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Dan&Yokoの弘前日記
50代も半ばを過ぎて、生まれ育った東京を初めて離れることに! 青森は弘前、B型おばさんと超ビビりの愛犬ダンの新生活を発信~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走っけろメロス
20090529220837
『走っけろメロス』
定価¥2625だけれど、ネットでAmazonの中古本を見つけ、送料込みで¥1000


20090529220827
上段に津軽弁の翻訳?、下段に本来の文章
漢字にも津軽弁のルビがあり、わかりやすい!


津軽といえば、太宰 治。
今年は生誕百年ということもあり、太宰治の本や写真を目にすることが多い。
39歳で入水心中した地である東京の三鷹市では、昨年、没後60年の催し等が行われたらしい。
心酔するというほどではなかったけれど、
私も学生時代には人並みに太宰治の作品を何冊か読みましたネ~
この『走っけろメロス』は、
教科書にもあった太宰治の「走れメロス」と「魚服記」を津軽弁に翻訳?したものです。
おまけに津軽弁の朗読のCD付きです

走(は)っけろメロス

 メロスぁうって怒(おご)った。必ず、あの邪智暴虐の王ごと除がねばまねって決意した。メロスねだきゃ政治(せんじ)はわがね。メロスぁ、村の牧人だ。笛ごと吹ぎ、羊ど遊んで暮して来た。したばって邪悪ね対してだば人(ふと)一倍(いちべえ)敏感であった。きょう未明メロスぁ村ば出はって、野ば越えで山ば越えで、十里だばはないだ此のシラクスの市(いぢ)さやって来た。メロスさは父(とっ)ちゃも、母(かっ)ちゃも無(ね)え。女房(にょんぼ)も無(ね)え。十六(じゅろぐ)の、内気だ妹(いもど)ど二人暮らしだ。・・・・


津軽弁って、音だけ聴いているとフランス語みたいな感じがするのだけれど、
理解するのは至難のわざ
特にお年寄りとの会話は????
単語の一つでも解かればヒントになると思って集中して聞いているのに、
その一つも解からないことがしばしば…
もう、想像と感と笑顔で会話を続けるしかないです。
相づちを打つ程度なら何とか誤魔化せるのですが、
たまに何か質問されたりすると、ピンチです!

てなわけで、嘆いてばかりいても仕方ないので、
この際、津軽弁を楽しもうと思っております



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://danyoko.blog23.fc2.com/tb.php/58-53325dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。