プロフィール

マッキー

Author:マッキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Dan&Yokoの弘前日記
50代も半ばを過ぎて、生まれ育った東京を初めて離れることに! 青森は弘前、B型おばさんと超ビビりの愛犬ダンの新生活を発信~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊作野菜

今朝の収穫分!
キュウリの成長力には恐怖感すら・・・





我が家の枝豆と、手作りトマトジャム!




関東地方はまだまだ暑そうですネ~

こちらも、
日中の気温が33℃くらいになり、
いつもなら20℃前後と涼しい朝晩まで蒸し暑い日が、
1週間あまり続いたもんですから、

地元の皆さん、バテバテです!

こんなものは、まだまだ~
と、もと八王子市民は思っちゃいますけど!?

それでも昨日、今日あたりは27℃くらいに落ち着き、クーラーも扇風機も必要なしです。
もうこれからは、駆け足で秋から冬へ突入でしょう~

今年も、蚊や蝉をお見かけしないまま夏が終わります・・・・
庭や畑で手足をむき出したままで平気というのは、
本当に有り難いことです。

我が家の畑の豊作は未だ止まりません!
一日収穫を怠ると、キュウリとトマトは写真のように。
もう、夢にでてきて、うなされそうです・・・・

トマト はジャムを作ってみたら、酸味がサッパリとして美味しく、
定番となりそうです。
ナス はそのまま千切りにして、
一味唐辛子と醤油で

採れたてならではの食べ方ですよネ~

初挑戦の枝豆も甘くて美味しいこと!

塩もみしてからコップ一杯の水をいれて蒸しゆでしたほうが、
ふっくらと甘くなり美味しいんです 

塩と水が少なくて済み、調理時間も超短縮!

日々、ネット で調べながら、
収穫野菜を無駄にしないよう、
頑張っております・・・・





スポンサーサイト
黒石つゆ焼きそば

B級グルメ 『 黒石つゆ焼きそば 』




畑の間引き人参で作ったピクルス。
人参くさくて!?大好評です~



先日、白神山地の「 暗門の滝 」 を訪れた際に、
滝の水しぶきを心地よく浴びながら、その雄大な姿を携帯で撮りまくっていたもんですから~
携帯にその水しぶきが入ったらしく、
壊れました!

只今、入院中です・・・・

代品を使ってますが、やはり扱いづらく早く帰ってきて欲しいですー

昨日は2泊3日でこちらに来ている長男の運転 で黒石へ~

B級グルメでお馴染みの 『 黒石つゆ焼きそば 』 が目的です!

私は二度ほど食べたことがあるのですが、
いずれも 「 和風レストラン 」 といった感じのお店で食したので、
いわゆるB級という雰囲気の味ではなかったような気がしていたのです~

今回息子二人にとっては、初体験の 『 黒石つゆ焼きそば 』 だったので、
ガイドブックにも載っていて〈食べログ〉などにも必ず紹介されている、妙光というお店に行きました。

擂り鉢の器の 『 つゆ焼きそば 』、
私は好きですネ~!
人によってご意見はいろいろあるでしょうが、
息子達も 「 ウマっ!」 

汁は、最初のひとすすりはプ~ンとソースの香りが強く、次第に揚げ玉が溶けてきてコクが出てくるのですが、
持て余すことなく、最後まで美味しくいただきました。

その後、寄り道をして、嶽(だけ)きみソフト も食べて、
大満足ではあるけれど、カロリーオーバーな昼食となってしまいました・・・・

 ( 嶽きみとは、岩木山の麓で採れる、超甘くてシャキシャキした、生でも美味しいトウモロコシ  です )






白神山地

「 暗門の滝 」の一番上の第1の滝。
落差42m! 写っている人と比べるとわかるでしょ~




推定樹齢400年のマザーツリー。
樹高30m、幹の周囲は約1.5m!




昨日は台風 一過の晴天となり、
念願だった世界遺産の 『 白神山地 』 へ行ってきました。

『 白神山地 』 は青森県から秋田県にかけて広がっているのですが、
とりあえず今回は、「 暗門の滝 」 と 「 マザーツリー 」 が目的です。

弘前の西方面にある我が家から車で40分、
「暗門の滝」への散策道の入り口に到着 ( 近いでしょ! )

渓流沿いの遊歩道を歩き、
片道約1時間でたどり着ける3段からなる滝なのですが、
次第に遊歩道の幅は狭くなるし、勾配もきつくなって・・・・

でも、下から第3、第2、第1の滝と登るにつれ、次第に滝の落下差が大きくなり、
一面に立ち込める水しぶき を浴びながら見上げる滝の素晴らしさは、

疲れも吹っ飛ぶ、さすが世界遺産~!!

これぞ、マイナスイオンを浴びながらの森林浴~!!

マザーツリーは樹齢400年のブナの巨木。
真下から見上げると、その静かながら力強い生命力に圧倒されまくり・・・・

ここもまた、紅葉 の季節にも来なくてはいけませんネ~




とまと・トマト・きゅうり

ミニとまとだらけ~!




手前のきゅうりは長さ30cm、直径5㎝!
見逃してしまって収穫が遅れると、すぐに巨大きゅうりになってしまう・・・



昨年よりさらに範囲を広げた我が家の庭 の畑には、
トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、ジャガイモ、枝豆、人参、大根、レタス、アピオス…
と、様々な野菜が所狭しと栽培されています。

その中でもとくに、トマトときゅうりは豊作で、
毎朝収穫したものが夫婦二人では食べきれずに、
どんどん冷蔵庫に溜まっていく状態~

ウチでも無人販売で売りたい!?

ネットで調べては調理法を工夫して、
なんとか一生懸命食べてはいるのですが・・・・

写真のミニトマト
ザルに入ってるのが今朝収穫した量!

中央のガラスの器に入っているのは、
楊枝で皮に2、3ヶ所穴をあけて 『 らっきょう酢 』 に漬けたもの。
左は皮を湯むきしてから 『 すし酢 』 をふりかけたもの。
どちらも、冷やして食べるといくらでも食べられます

ミニではない大きいトマトで食べきれない分は,
湯むきしてからカットして冷凍しています~

きゅうりは、毎朝6本くらい収穫できるので、
サラダや漬け物の仕方をいろいろ変えても消化しきれず、
塩づけにチャレンジ・・・・

こちらで畑をやるようになって、
『 らっきょう酢 』 が我が家の常備品となっております!





ねぷた祭り

弘前の扇型ねぷた。
夜の運行にむけて、弘前城そばに集合~




五所川原の立佞武多。7階建てビルに相当する約22mの高さ!
今年は「又鬼(またぎ)」




8月に入ってから青森では、
各市でねぶた(ねぷた)祭りが始まっています。

その中でも、弘前市、青森市、五所川原市のねぶたは大々的~

私は弘前に住んで2年目の夏ですが、
夫の単身赴任中にも見に来ていて、
4回目のねぷた祭りとなるわけで、

今年はお客さんも来ないことから、
まだ見に行ってません・・・

でも、昨日はお誘いがあって、
五所川原の立佞武多に行ってきました。

五所川原の立佞武多は、
約22メートルの高さの巨大ねぷたを中心に、
「ヤッテマーレ、ヤッテマーレ」 の掛け声でねぷたと、お囃しと跳人(はねと)等が行列する威勢のいいもの。

ねぷた行列の先頭は、
なんといっても毎年、吉幾三

これが盛り上がるのなんのって!!
やっぱり吉幾三、最高だヮ~という気分になるから不思議・・・・

彼は背も高く足が長くてスタイルがいいって知ってました?

お囃子は、太鼓、横笛、手振鉦などで構成されているのですが、
最後尾の無所属の若者達の集団には、
あのブブゼラもいくつか混じってました

私の後ろの観光客のオバサン、ずっとノリノリで、
東北の夏は熱い~!
と、叫んでましたっけ・・・・








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。